都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

地震保険の割引に”住宅性能評価書”を後追いで依頼...でも必要なさそう

こんばんはリコパパです。


そろそろ”火災保険や地震保険”のことも検討をしようと、先週くらいから、数社の保険の内容を検討しています。




数か月前に、SBI損保(住宅ローンが住信SBIのため)から電話あり、当時は、「家の完成が近づいてから検討します」と返事していましたが・・・


まだまだ先の話・・・と思っていたものの...もう残り2か月ちょっとで完成ですもんね。





そして数社のホームページより保険の内容を、斜め読みしていると・・・


地震保険の割引(耐震等級の割引制度)を受けるために、”住宅性能評価書”が必要という記載が目に付きます。
(住宅性能評価書で、耐震等級を証明する必要があると解釈しました)





尚、この住宅性能評価書・・・
我が家は依頼をしておりません。



着工前に、営業の方からも住宅性能評価を行うかの確認ありましたが・・・



取得するメリットとしてよく言われる、


・売却する時査定が良くなる。
(50年強住み続けている土地なのでこれからもここにいます)
・住宅ローンの優遇(フラット35?)

(土地の売却益で家建てるので、ローンの金額少なくなる予定)


このような内容に我が家は該当しないため、10数万払ってまで依頼する必要はないと考えた次第です。





・・・でも、保険の割引(耐震等級3:50%割引)にこの書類が必要とあれば、住宅性能評価を行っておくのも”あり”と思い、先週営業の方に相談しました。
(そもそもまだ”間に合うのか”も気になりましたが・・・)



結果・・・
まだ間に合う旨と、


保険の割引であれば、長期優良住宅の”適合書”でも耐震等級を示しているから、この書類で割引の適用可能では?


といった回答を頂きました。


<長期優良住宅の適合書>



・・・おそらく私が何も知らなさすぎたのでしょうね。



念のため、SBI損保に電話したところ、長期優良住宅の適合書でもOKと確認とれました。




結果、住宅性能評価の10数万円・・・支払わずに済みそうです。
(ホントは、我が家の性能を把握するためにも依頼したかったのですが、”他にお金を使いましょう!!”という家族の意向もあり、ガマンです・・・)





最後までご覧いただきありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。