都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

土地の査定額から建物に使える予算感をつかむ

こんにちはリコパパです。


本日は久々に家の打ち合わせも、ショールーム巡りもなく、まったり過ごしているため、
今までの出来ことをたくさんブログにアップしております。
(初めてのブログで張り切っていることもありますが・・・)


さて我が家ですが、実際には来月8月までには”仮住まいスタート”、8月上旬”解体スタート”、8月下旬には”着工”と進む予定ですが、もうしばらく振り返りにお付き合いください。


前回の記事で、土地売却の相談を”住友不動産販売”にしたことを書きましたが、平均的な坪単価を把握するため、一括で査定依頼が出来るサイトを活用しました。



<依頼した業者>
・東急リバブル
・三井のリハウス
・野村不動産


ちなみに。。。おそらく3月の年度末で多忙だったのでしょう。
”東急リバブル”、”野村不動産”からは連絡はあったものの、査定額は提示されず。



ただ、提示をいただいた”三井のリハウス”の査定金額も、”住友不動産販売”からの査定金額とほぼ同等であったこともあり、


・土地の売却益
・義父母からの資金
・私の住宅ローン資金


これらの資金から注文住宅を建てる予算感が掴める形となりました。


そこで、ようやくハウスメーカ選定へと進んでいきます。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。