都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

住友不動産の外構プランをベースに検討開始

こんばんはリコパパです。


外構・・・このブログでは初めての記事になりますね...



そろそろ”外構工事”についても考えなくては・・・という時期に来たかな?ということで、先週末より業者探しを始めております。


そんな外構工事ですが・・・
営業の方からは、すいぶん前に一度プランや費用を出して頂いたことがあります。



こちらで~す。


いたってシンプルですが・・・


1)駐車場のコンクリート(左側の”土間コンクリート”
2)玄関前のコンクリートステップ
3)白砕石+防草シート
4)右側の庭一部のコンクリート


上記の内容が入っている外構プランです。



ただ...営業の方より、プラン作成前から言われていたんです・・・





”別で業者探したほうが安いですよ”と・・・
(実際上記プランで約90万です...高いですかね?)



そのため、外に頼むことを前提で考えていたため、
以降、営業の方とは外構についてお話しすることがありませんでした。



・・・そしてようやく先週から、外構業者を探し始めて・・・今週末に3社ほど下見に来ていただく段取りをつけた状況です。
(業者は、ネットの紹介一括サイトのようなもので依頼しました)



外構の依頼内容としては・・・上記4つの他に、



1)室外機を隠せる大きさの塀
経緯はこちらご覧ください。

玄関近くの室外機を隠しつつ、この塀にポストやインターホン、表札を付けるイメージで考えています。



2)隣家との境界ブロックと目隠し
一部ブロックは、旧我が家から残したブロックがあります。こちらを有効活用出来ればと考えています。



3)庭へ数本の木
旧我が家は、シンボルツリーとして”柿の木”が育っていました。
庭の大きさ・・・小さくなったけど、季節を感じられる木を植えたいと考えています。



4)インナーバルコニーへウッドデッキの敷設
経緯はこちらご覧ください

取り止めはしましたが・・・是非とも実現したい対応なんです!!




以上、追加で4点の依頼です。


まぁ全てが実現出来るか分かりませんが・・・予算は”200万”以内で!!



どんなプランと費用が出てくるか・・・
楽しみでもあり不安でもありますが、家づくりと並行で、しばらくは外構計画も練っていきたいと思っています!!
(プラン出てきたらご紹介させていただきますね)




最後までご覧いただきありがとうございました。


未だ住宅ローンの手続きに苦戦中

こんばんはリコパパです。


本日は、この家づくりで一番苦手なこと・・・
”住宅ローン”の手続きのことを書きたいと思います。



私リコパパは、金利の安さに魅かれ”ネット銀行の住宅ローン(住信SBIです)を選択しているので・・・店舗型の銀行ローンのことは全く分かりませんが・・・



そもそもが、書類やネットでの手続き・・・苦手です!!


それでも、8月末の着工時には、正式ローンの審査が通っている必要があるとのことで手続きしました...
(まぁ当たり前のことなんですがね・・・)



でも、11月このタイミングで、まだ”バタバタ”しております。



このバタバタ・・・
・・・少し遡りますが、住宅ローン正式審査後に、


1) 契約内容の確認・修正
2) 担当者情報の登録
3) 振込先情報の登録



上記の情報を入力する依頼メールが、ネット銀行より届いたので、入力するためWEB画面進めました。



営業の方と打ち合わせをしていなかったので、赤丸をチェック入れて進めたところ、先に進めらません・・・


下記内容を確認してほしい旨の依頼が銀行よりありましたので、早速営業の方へ確認して回答をいただきました。


・決済日
・決済場所の手配
・振込先



そしてようやく・・・


本日、赤丸をチェックして先に進みます。



ようやく先に進んだ!!
変更もありませんよ・・・ということで次に進みます。




ただここで問題が・・・




・・・正式審査早すぎたみたいです。
(引き渡しは2019年2月ですが・・・借入希望日はローンの承認日から180日以内とのこと)



早速カスタマーセンターへ問い合わせです・・・


結果・・・
借入の”延長手続き”が必要とのことで、また書類への記載が必要です・・・



しかも・・・
我が家は仮住まい、”書類の転送手続き”なるものも必要とのことです・・・




(仕方ないこと重々承知です・・・キャッシュ一括で支払えない自分が悪いんです・・・)


でも・・・面倒くさい・・・
(でも仕方ないからやりますけど・・・)



これからローン組まれる方・・・ご注意くださいね。
(早すぎると延長手続き必要なんですね)



最後までご覧いただきありがとうございました。

軒先の出寸法・・・改めての確認を頂く

こんばんはリコパパです。


先日の出来事となりますが・・・”軒先”についてのお話しとなります。



こちら我が家の外観予定のイメージ図となりますが、”片流れ屋根”の形状です。



そんな屋根の・・・”軒先の出寸法”について、営業の方と現場監督の方より改めての確認がありました。


確認の内容としては次のとおりです。
(連絡は営業の方よりいただきました)


<確認の内容>
屋根の一番高い所の軒先は壁面から50cmの出寸法。
最近は30cm程度で納めることが多いので、念のために確認したいことを現場監督より依頼を受けたとのこと。



50cmの出寸法...この幅は間取り検討時から伺っていた数値です。



(図面でも50cmとなっています)
こちら南側から・・・

北側からもどうぞ・・・


そして軒については、


直射日光の調整や雨よけ、そして外壁の保護のためにも、取れるだけ取りたいと思っていました。
(今回は、片流れの一番高い部分のため・・・あまり意味ない気もしますが・・・)



営業の方よりメールを頂いた後、現場監督から電話も頂いたので、逆に50cmとなっていることのデメリットを聞くことが出来たのですが・・・


デメリットは”見た目”とのことです。



理由はこうです・・・
(図面通り、進もうとすれば出来る部分を、あえて連絡いただけたことに感謝です)


・当初太陽光を乗せるプランだったことで、屋根を大きくさせていた。
(太陽光を止めた時に、修正があっても良い箇所だった)
・他の箇所は30cm程度なので、ここだけ50cmだと見た目的に気になるかな?と思い確認した。



見た目だけとのことでしたので...今までパース図や図面を、かなりの時間眺めていても気にならかなった箇所ですし・・・


軒寸法は従来どおりの50cmでお願いしました。



そして結果・・・



短くしなくてよかったです。
長い幅で”かっこいい”とさえ思いました!!
(しかし、営業の方、現場監督の方、人に恵まれた家づくりが出来ています・・・)



最後までご覧いただきありがとうございました。


窓の位置が逆・・・直ったよ!!

本日はもう一つ・・・リコパパです。



会社行く前に撮った”我が家”ですが・・・とうとう”三階”まで工事が進みました。



そして、会社が帰りに我が家を見ると・・・”窓の位置が逆だった部分”・・・直っていました。



<逆だった時の窓の位置>


前回記事・・・よろしければご覧ください。



早期に発見出来たことで、リカバリも早かったです。



そして・・・とうとう来週には”上棟”の打ち合わせが決まりました。



家づくりも・・・後半戦突入という感じですね。
(リコパパ人生最大のイベントも・・・終わりが見えてきました)



・コンセントの配置
・照明計画(電源ON/OFFのグルーピング)
・物干し金物の位置


等・・・それまでに再度検討して行きたいと思っています。




ご覧いただきありがとうございました。


頭金作るための”株売却”・・・最終結果!!

こんばんはリコパパです。


いやぁ~燃えつきました!!


頭金を作るための”株売却活動”の最終結果となります。




まだ前々回・前回記事をご覧になっていない方は、こちらからご覧ください。
頭金が足りない...確保するためにした活動 - 都内で二世帯住宅を建てる
頭金作るための”株売却”・・・途中経過 - 都内で二世帯住宅を建てる



前回記事・・・最後の状況です。


ここから、少しでも増やすため・・・頻繁に株価の状況をウォッチして・・・



その結果となります。



目標額・・・500万としていた売却の金額から”30万ちょっと”増やすことに成功しました。
(そして直前からは、2万ちょっと増えました)



この結果...


1)売却益にかかる税金(税率20.315%)
530万のうち、約270万ほどが売却益となっています。
約270万 × 20.315% =  約55万(税金)


530万 ー 55万 =  475万


この”475万”が手元に残るお金です。




2)家の費用(残金)から申請した住宅ローンの差額
3660万(家の残金) - 3350万(住宅ローン) =  310万


頭金として必要な差額は”310万”です。




475万 - 310万 =  165万
(手元に残るお金!!)



ただ・・・



3)住宅ローン事務手数料
借入金額の2.16%が手数料です。


3350万 × 2.16% = 約72万


事務手数料に、”約72万”かかります。




結果、”93万”しか残らない・・・




しかも、ここから火災保険もあり・・・


カーテンも購入するし・・・・
(新居の家財道具や外構費用・・・)



やはり土地の売却がないと・・・厳しいこと思い知らされました。
(当分は、外溝なし状態・・・覚悟します)




最後までご覧いただきありがとうございました。