都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

斜め向かいの”建売業者”にちょっと・・・のお話し

こんばんはリコパパです。


本日は、我が家の家づくり・・・ではありませんが...こちらご覧ください。


こちらは、分筆予定の土地の写真ですが、斜め向かいには、同時期に建築中の建物がございます。
(間取りが広告に出されていたので建売住宅のようです)



本日は、この建売住宅のお話しとなりますが...
(驚いたこと、困ったこと、近隣住民として・・・?と、感じたことを書きたいと思います)



まず最初に・・・建築の”スピード感”に圧倒されました。



・・・というのも、我が家より少し遅れて、地盤改良や基礎工事を先週まで行っていたのですが・・・この1週間で建築の状況が一気に変わりました。


・毎日6人~7人ほどの職人さんが出入り。
・一階の作業をしながら、二階、三階と同時並行で実施。
・大工さん工事と並行で、玄関・窓・屋根も平行で取り付けを実施。

(我が家は、大工さん一人で行っているので比較すると。進捗のスピード感が良くわかります)



たった1週間で三階建てになり・・・玄関も付き、窓も付き、屋根も付き、すごいスピードで建築が進んでいました。



ただですね・・・この現場...残念なことがいくつかあるんです。



1つ目は、”整理整頓が出来ていない”です。


例えばこのホース・・・いかがでしょう?
(しっかり巻いて整理できますよね?)


こちら木材・・・もっと整理できますよね?
(立てかけている木材は、一部地面についていますし・・・)


まぁこの辺りは、
私リコパパが”家を建てているから”気になるだけかもしれませんね。



2つ目以降は...近隣住民、土地の持ち主としての記載となりますが・・・


ここの職人さんタバコを前の道路で吸っている”姿を目にします。


・・・このご時世、喫煙は決められた場所で・・・となりますよね。
ましてや、四方に家が建っている場所です。
(企業として・・・近隣に与える印象をどう考えているのかな?と考えてしまいます)



ということで、あまり印象の良くない、職人の方達ですが・・・とうとう我が家にも影響が出てしまいました・・・



それはですね、先日の金曜日の話となりますが・・・
冒頭の写真の土地に...”無断で自転車を止めていた”のです。



私リコパパが、朝会社へ行くために自転車を取りにいった所、見知らぬ自転車が既に止まっていました。


まぁこの時は、急いでいたこともありスルーしましたが・・・


昼に、義父が所要のため、車に乗ろうとしたところ、建売現場の職人さんが自転車を移動し始めたようで、無断で止めていたこと発覚しました。
(我が家は分筆する土地に車と自転車を止めております)



ここの建売業者が、あまり近隣との関係を気にしないだけなのか・・・それとも建売業者ってこんなもんなのかな?と思ってしまった複数の出来事でした。




ちなみに、これって皆様どう思いますか?
(建売住宅の壁です)


2枚の板・・・印の向きが逆であったり、写真じゃ分かりにくいのですが、縦にまぁまぁ深い傷がついています。


(見えなくなる部分だから、良いのかもしれませんが・・・なんかなぁ~と思ってしまったので)



最後までご覧いただきありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。