都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

窓の位置が逆...気づけて良かった!!

こんばんはリコパパです。


本日は土曜日ということで・・・明るい時間に我が家を見ることが出来ました。


暗かった時は分からなかったけど・・・
玄関上には、ガラススクリーンが乗る軒の片鱗が登場?

あぁ~早くこの目で見てみたい!!


他にも・・・フカシ壁の片鱗登場!!
(窓の両端の枠部分がフカシ壁になっていきます)


ここが、ああなるのかな?・・・こっちは何かな?・・・
多分・・・いや間違いなく...顔ニヤニヤしながら、完成時をイメージして我が家を眺めていました。



・・・そして表題の件です。



フカシ壁...完成をイメージしながら眺めていたことで、こちら着工時にいただいたパース図を見ながらだったのですが・・・


赤枠の窓に違和感が・・・


こちら本日の実際の状況です。


左側がお風呂の窓、右側が洗面所の窓となりますが、逆じゃないかな?と思い現場監督の方に確認の一報を入れさせて頂きました。


(洗面所・・・洗濯機が窓と干渉しないように、営業の方との間取り打ち合わせで、窓の高さを変更頂いたこともあり、洗面所側の方がお風呂側より高くなること印象残っていました)



・・・結果は、やはり逆にしていたとのことでしたが、
まだ、この写真の状況ということもあり、まだ容易に対応可能なようで安心しました。



今回は”早期に発見”することが出来てよかったです!!



私リコパパはですね・・・プロジェクトの運営を行う仕事柄...家を建てること、まぁ仕事ではありませんが”一つのプロジェクト”に今回置き換えています。
(家づくりプロジェクトですね)


よく言われることですが、プロジェクトというのは”一つの船”に関係者が乗って、共通のゴールに向かって進んでいくようなものです。


そしてプロジェクトなんてものは、多かれ少なかれ問題(課題)は発生します。
(重要度も大きいものから小さいものまで・・・出てくることが”当たり前”と私は思っています)


問題発生時に大事なのは・・・
・早期発見(報告)
・課題の共有(可視化)
・その後のキャッチアップ(対応)


そして、何より皆が”同じマインド”を持つことです。



家づくりプロジェクト・・・


これからもまだまだ課題は生じるでしょうし、営業さん、現場監督さん、大工さん、他関係者、我が家の家族、皆で協力しながら、”旧我が家に負けないくらい素敵な家づくり”を行っていけたら・・・と改めて感じた一日になりました。


(妻に、あの状態で良く気付けたね・・・と言われたことが今日は嬉しかった・・・)



最後までご覧いただきありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。