都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

新しい顔となる”玄関”の紹介

こんばんはリコパパです。


台風が通過して、しばらく天気が良いこともあり・・・
本日我が家は、基礎部分にコンクリートが流し込まれました。


さて今回の記事は?というと...こちらも、今までご紹介をしていなかった部分ですね。


旧我が家では解体の直前・・・玄関前で思い出に浸っていましたが・・・
(よろしければ、こちらの記事もご覧ください)


家族そして来訪者も必ず利用する”家の顔となる玄関”をご紹介させていただきます。



さぁ我が家の玄関ですが、LIXILのジエスタ2からこちらの玄関を採用しております。
(ジエスタ2のG14という種類で、トリノパインという色です)



我が家の場合、標準でLIXILの他には、YKK AP等からも選ぶことが出来ましたが、ショールーム巡りの初回で伺ったこのLIXILの玄関が気に入ったこともあり、他ショールームで検討することもなく採用しました。
(営業の方からも、出来ればLIXILで・・・と助言ありましたしね...)



尚、住友不動産では契約すると、こんな感じで”選択可能な各部材の冊子”を頂けます。
(標準もオプションも全て一つの冊子になっています)


そして、LIXILのショールームでは採用前に複数の候補を印刷していただくこと出来ます。

同一の扉も、異なる色で印刷して検討可能です。


玄関の種類も多々あり、最初から”この玄関”というのはありませんでしたが、”絶対に採用しないもの”、”好みじゃないもの”という形で消去を行い、残ったジャンルから義母、妻、リコパパの3人が”これ良いじゃん”という玄関を採用しています。



結果、玄関を決めるにあたっての希望としては、”S字型のハンドルにしたい”という妻の希望だけでした。
(滑らかな曲線が素敵ですね。私も好きなデザインです。)



尚、他ブロガーさんの記事を拝見していると、”エントリーキーシステム”が非常に便利という記事を良く目にしていたこともあり、我が家も採用は検討したのですが・・・


我が家の場合はですね...


・義父母含め6人・・・留守になる機会が少ない(誰かしらいる)ため、鍵が閉まっていることが少ない。
・年配者から子供まで幅広い世帯のため、変化を求めたくない。
(特に年配者は使い慣れないだろう・・・)


このような理由から、従来型の鍵を採用をしています。



・・・これから数十年と我が家の顔になる玄関...子供達が成人となり・・・また次の世代まで、家族の出入りを見ることになるんでしょうね!!



そして最後に少しだけ・・・玄関の床の紹介です。


こちらは、インテリアコーディネータの方からのアドバイスを参考にして、”汚れが目立ちづらい”色合いで、玄関の床と玄関ポーチに採用しております。

(最初は少し明るめと迷ったのですが・・・「汚れが目立つよ」と助言いただき、上記の色にしました)



以上、我が家の玄関の紹介となります。
最後までご覧いただきありがとうございました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。