都内で二世帯住宅を建てる

住友林業で建てた、築30年の我が家を今度は住友不動産で建替中です。(19年2月完成予定) 家作りに関わる出来事を紹介中!

基礎工事完了の確認・大工工事開始・電柱穴開け…”家ざんまいDAY”

こんばんはリコパパです。


本日は”基礎工事完了”の立ち会いが出来る日ということで、久々にフェンスを越えて中に入ることが出来ました。


<施主が交えて確認出来る工程>
1.地縄の確認
地鎮祭の時に完了
2.配筋の確認
9/24に完了
3.基礎工事完了の確認

本日はここ!!(第三区です)
4.上棟時の確認
5.造作中の確認(断熱材、石膏ボード取り付け等)
6.内覧会
7.引き渡し


そして・・・基礎の上に立ちながら現場監督より、こんな説明をしていただきました。


尚、数日前には、基礎の”型枠を外す”所・・・見ること出来ており、コンクリートの欠損はなさそうだと感じてい田中での確認と説明になります...
(仮住まい先が近いことで、ほぼ毎日進捗見れますからね・・・)


・仮に欠損があった場合の対処方法
・基礎の立ち上がりの幅や高さについて
・アンカーボルトの位置

・お風呂部分はコンクリート周りを断熱材で囲っている
・先日の雨天の作業時の動画


正直なところ、詳細は分かりませんが、私たちの質問に対して、自信をもって返答される姿に安心できました。



また同時に、本日から大工さんの作業も開始です。
(基礎屋さんから大工さんへのタスキ渡しですね・・・)

(尚、大工工事は、基本一人の方が実施とのことです)



最後に・・・電柱の穴も開きました。
(電柱の位置も、雨水の通り道を考えると・・・結構悩むもんですね)

(穴は作業後閉じて帰られましたが、赤丸から赤丸への電柱移動です)



というように・・・本日は3つのイベントが重なった”家ざんまい”一日となりました。


・・・そんな慌ただしさのため、一つだけ後悔が・・・
(電柱の対応にバタバタしたのが原因ですが・・・)


予選会・・・ゆっくりTVで見たかった・・・



最後までご覧いただきありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。